※キレ地及び屏風の裏地はお写真と仕様・柄とも異なる場合がございます。予めご了承願います。
名宝障壁画屏風−松に鷹図屏風− a 17世紀初頭 江戸時代
狩野探幽 作 京都二条城二の丸御殿
 江戸時代の徳川家の権威を誇示するような見事な襖絵であります。大広間に廻らされた巨大な松と、あたかも諸大名を睨み付けるような鷹との組み合わせは、さすが徳川幕府の偉大さを顕示しているかのようです。
布(キレ)は京都西陣金襴地を使用しています。
縦34×横14.5cm
(フルオープン:横幅約58cm)
税込価格/16,200円(15,000円)

-HOME-
*CLOSE*